体内成分「酵素」

ダイエットに酵素の働きが大切な理由とは?

最近は「酵素の働き」というキーワードをメディアで目にする機会が増えましたね。

特に、健康やダイエットに効果が期待できると話題の酵素
ドラッグストアや薬局に行けば、酵素が配合されたさまざまなサプリメントが売られています。

でも、具体的に酵素ってどんな効果があるのでしょうか?
いまいちよくわからない…という人もまだまだ多いはず。

この記事では、酵素にはどのような働きがあり、なぜダイエットに効果があるのかについてご紹介します。

酵素って何?

酵素とは?

まず始めに「そもそも酵素って何なのか?」という疑問から。

一言で説明すると、「酵素」とは「たんぱく質から生成され、代謝や消化吸収、呼吸など、ヒトの生命活動において欠かせない物質」です。

人間が食べたものを消化&分解し、体に取り込んでエネルギーを蓄える。
さらに、自然治癒力を維持することでケガや病気を自然に治すなど、人間の健康を保つ上で必要不可欠な物質だと言えるでしょう。

私たちの体には欠かせない「酵素」
そんな酵素は、次の2つの種類に分けられます。


  1. 内部酵素(潜在酵素)
  2. 外部酵素(食物酵素)

「内部酵素(潜在酵素)」とは、元から人間の体の中にある酵素。
そして「外部酵素(食物酵素)」は、食べ物などから取り入れる必要のある酵素のことです。

消化酵素と代謝酵素とは?

酵素は2種類

私たちの体に元からある「内部酵素(潜在酵素)」は、さらに2つの種類に分けられます。


  • 消化酵素
  • 代謝酵素

「消化酵素」とは、その名前のとおり、胃などの消化器官で分泌され、食べ物の消化吸収を助ける働きをする酵素。

そして「代謝酵素」は、体の免疫力をアップさせ、病気になりにくい健康な体を維持したり、毒素を体外に排出する酵素です。

また「代謝酵素」は体の新陳代謝を向上させる効果があるため、太りにくく痩せやすい体質をつくる働きが期待できるとも言われています。

つまり、体の中に「代謝酵素」を充分に維持することで、ダイエットがうまくいきやすくなるというわけです。

偏った食事を続けると酵素不足で太る原因にも

酵素不足で太る

実は、一生のうちに人間が体の中で作れる酵素の数は決まっています。
さらに、年齢を重ねるごとに、体の中の酵素数はどんどん減少していくともいわれます。

それに加えて


  • 栄養バランスの悪い食事を摂りすぎる
  • お酒を飲みすぎる

といった不健康な生活をしていると、体内の「内部酵素(潜在酵素)」がどんどん消費されていきます。

つまり、代謝に回せる酵素が減少し、体が痩せにくく変化してしまう危険があるのです。

代謝酵素を増やすには?

酵素が減らない食事

ダイエットを成功させるために必要なのは、「体内に代謝酵素を増やす」こと。
暴飲暴食や偏った食事はやめて、


  • 果物や生野菜
  • 発酵食品

など、酵素を豊富に含む食品を、意識的に摂取する習慣をつくることが大事です。

体内に充分な酵素があり、かつ消化酵素の消費が少ないと、残りの酵素を代謝酵素に回すことができます。
つまり太りにくい体になり、ダイエットも成功しやすくなるというわけですね。

「忙しくて普段の食事では酵素を充分に摂ることは難しい…」という方は、サプリメントなどを上手に活用するのもおすすめです。

トップページには、ダイエットに効果的な「太らない食べ物」を紹介しています。
つい食べ過ぎてしまった時の対策や、おすすめの痩せる方法も掲載しています。
「太らない食べ物」を中心にぜひ確認してみて下さい。
太らない食べ物 食べ過ぎても後悔せず楽に痩せる方法トップページ