太らない朝食で元気にダイエット!

太らない朝食でダイエット

太らない朝食ってどんなものか、考えたことはありますか?

ダイエット中は朝食を抜く人も多いと思いますが、これは体のことを考えるとあまりおすすめできません。
一日の最初の食事は、健康な体をつくるために、とても大切なものだからです。

でも、いくら体にいい食べ物だからと言って、朝食を好きなだけ食べてしまうのは考えものです。



  • 「太らない朝食とは、一体どのようなものでしょうか?」
  • 「どの程度朝食をとるのが正解なのでしょうか?」



それを知るためには、まず朝の体重を計ってみましょう。
日によって、その数値が普段の体重より多い場合・少ない場合があると思います。

まず、朝の体重を見てから、朝食のメニューを決めることが大切なのです。

例えば、体重が普段よりそれほど増加していない時。
この場合は、少々カロリーが高くても、朝食は好きなものを食べていいでしょう。

一方、体重が極端に増加している場合。
こういう時は、朝食のカロリーを押さえることを心がけるのがおすすめです。

カロリーの計算が難しい場合は、食べる量でコントロールすることもできますね。
この場合は、あなたの好きな物を少し抑えて食べるようにしましょう。

やはり朝食は大事!
ダイエットしたいからと言って朝食抜きにすると、


  • 体温の下降
  • やる気の低下



などを招きます。

さらに、場合によっては空腹がストレスにつながり、体に悪影響を与えてしまうことも…。

このページでは、太らない朝食でダイエットを実践した方のアンケートを紹介します。
ダイエット中の方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【太らない朝食】
1.野菜スムージーで腸内を健康に!

太らないスムージー朝食

太らない朝食に自信をもっておすすめするのは「緑黄色野菜のスムージー」です。

基本的な材料は、


  • 緑黄色野菜(パセリ、小松菜、大葉、トマトなど)
  • レモン汁
  • 天然の塩を少々
  • エゴマ油を大さじ1~2杯
  • 夏は氷を2個
  • お水を少し



です。

私は毎朝の朝食に、このスムージーで緑黄色野菜を500~600gはとります。
ジュースにすると700mlくらいになるので、それだけでお腹いっぱいになりますね。

味ははっきりいって、美味しいものではないかもしれません。
でも、慣れてくると味わい深く感じるし、野菜の味の変化もわかるので楽しいですよ。

午前中は朝食を含めて、このスムージーとコーヒーくらいしか飲みません。
排泄の時間なので、固形物はあまり摂りたくないからです。

おかげで便秘知らずですね。
1日に2~3回は出るので、すっきりさわやか。

また、風邪も20年くらいひいていません。
これぞまさしく「太らない朝食」だと思います。

【太らない朝食】
2.手作り「おからクッキー」

太らないおからクッキー

朝食は、一日を始めるためのもの。
朝に摂る食事はその日の活動の源になるし、「一日のうちで一番太らない食事なのでは?」なんて思いますよね。

そんな気持ちから、昼、夕食では避けるような高カロリーなメニューを食べてしまっていませんか?

でも、油断は禁物。
カロリーは、摂りすぎた分だけ太っていきます。

そのため、カロリーを抑えられる「太らない朝食」を考えました。

それが「手作りおからクッキー」です。

おからクッキーは、もちろん市販のものもありますね。
でも私は甘いものが苦手なので、砂糖を入れない「おからクッキー」を作ってみました。

そして、朝はそれを白湯と一緒にゆっくり食べるようにしてみたら、するすると体重が落ちていったんです。
また、おからには食物繊維が豊富に含まれているので、お通じもよくなって良いことづくしです。

おからクッキーのいいところは、なんといっても簡単に作れること。
こねて焼くだけなので、30分くらいでできあがるんです!

時間がなくてもできるので、前日の夜に作っておくのも苦にはなりません。
手作りおからクッキーは、太らない朝食に本当におすすめのメニューです。
経済的にも、いいですよ。

【太らない朝食】
3.ボウルいっぱいのサラダとデトックスウォーター

サラダ中心で太らない朝食

私が「太らない朝食」のために心がけていること。
それは、


  • 1日のパワーになるよう、しっかり食べること
  • カロリーをなるべく抑えたメニューにすること



この2つをいかに両立させるかです。

考えた末、サラダボウルにいっぱいの旬の野菜サラダを作り、レモンを搾ったり、オリーブオイルをかけたりして、さっぱりと食べることにしました。

時にはホットサラダにすることもあります。
また豆腐やしらす、ささみなど、低カロリーながらタンパク質もしっかり摂れる食材を、意識して取り入れるようにもしています。

ちゃんと朝ごはんを食べなければ、頭も働きません。
なので、朝食のメニューを太りにくいものにして、量をしっかと食べることを心がけているんです。

また、ダイエット中はビタミンが不足しがち。
美容のために、水にフルーツやハーブを入れた自家製「デトックスウォーター」も毎日作っています。

太らないように糖質制限を意識し、デトックスウォーターで美味しくビタミン補給する。

それを毎日の楽しみにできればベストですね。

【太らない朝食】
4.ヘルシーフレンチトースト

フレンチトーストの朝食

私の「太らない朝食」のための工夫は、牛乳の代わりに豆乳を使うことです。
また、お砂糖にはきび糖や黒糖を用意しています。

朝の定番メニューは、フレンチトースト。
最初は子供が食べたがるので、ほとんど毎日フレンチトーストを作っていたのがきっかけです。
それを、自分用の「太らない朝食」としてアレンジしてみたんです。

普通のフレンチトーストだと、牛乳は意外と高カロリーだし、白砂糖も糖分が多め。
なので、自分で太りにくい食材をいろいろ調べて作ってみました。

パンにもこだわりがあり、糖質が少なめのパンを選んで購入しています。
また、毎日同じトーストだと飽きてしまうので、たまにバゲットに代えたりといった工夫も。

サイドメニューは、ヨーグルトやスクランブルエッグなどヘルシーなものにしています。

朝にごはんを食べることは、ほぼありません。
いろいろアレンジできるのも、パンを好きな理由です。
毎日、朝食を作るのが楽しいですね。

おかげで、体重も増えることはありません。
自分に合った方法だと思うので、この「太らない朝食」を続けていきたいと思います。

【太らない朝食】
5.シリアル系で食物繊維を摂る!

昔は、朝にお腹が減ることがなかった私。

でも、社会人になった頃を境に、早朝からとてもお腹が減るようになりました。
朝から、当たり前のようにがっつりと朝食を摂っていたんです。

でも、ぽっちゃり体型に変わってきたことをきっかけに、朝食について考えるようになりました。

そこで私が実践した「太らない朝食」は、シリアルを使うことです。

シリアルは、食物繊維を豊富に含むものが多いんです。
そのため、まず快便の効果が期待できます。

また、シリアルにかける牛乳から、カルシウムやタンパク質も同時に摂取できます。
健康にもよさそうですよね。

マンネリ化したと思ったら、いつものシリアルにヨーグルトを追加。
トッピングを工夫したりするのも楽しいんです。

自分なりに考えた「太らない朝食」で、今はスリムな体型を実現できました。

太らない朝食まとめ

まとめ
いかがでしたか?

朝は「排泄の時間」という専門家も多くいます。
そのため、できるだけ消化がよく、腸内環境を整えられる食べ物が推奨されています。

つまり、太らない朝食には食物繊維や乳酸菌が豊富な食べ物を選ぶといいんですね。

仕事や学校に出かける前に、定期的な排便でお腹がスッキリしていると、日中のストレスが軽減されるはず。
仕事や勉強のやる気がアップするなど、きっといい効果が出てくることでしょう。


トップページには、ダイエットに効果的な「太らない食べ物」を紹介しています。

つい食べ過ぎてしまった時の対策や、おすすめの痩せる方法も掲載しています。
「太らない食べ物」を中心にぜひ確認してみて下さい。

太らない食べ物で楽に痩せる方法トップページ