太らないお酒の飲み方の紹介

太らないお酒の飲み方紹介

お酒といえば、ビールに日本酒、ワインとたくさんの種類があります。

美味しいお酒があると、それをお供に料理もぐんぐん進むもの。
そして、気づけば普段の食事よりたくさん食べてしまっていた…なんてことも起きてしまいますよね。

お酒は飲みたい、でも太りたくない…。
この記事では、そんなあなたに太らないお酒や、ダイエット中におすすめの飲み方を紹介します。

ダイエットで食べることを我慢しているのに、お酒もやめてストレスを溜めるのは逆効果。
太らない飲み方を工夫して、お酒とうまく付き合っていきましょう。

太らないお酒といえば「焼酎」

焼酎

お酒の中でも、太りにくいことで知られる「焼酎」。

焼酎は、おじさんの飲み物というイメージをもっている方もいるかもしれません。
でも、最近は女性の焼酎ファンも増えているとか。
しかも太りにくいお酒だなんて、嬉しいですよね。

では、なぜ太りにくいのか?
それは、焼酎にはほぼ糖分が含まれていないためです。

そして、つまみとして好まれる食べ物も


  • スルメ
  • 塩辛
  • 漬物



など、油分が少なく太りにくいものが多いですよね。
また、枝豆のような高タンパクで低カロリーな食べ物と一緒に飲むのもよいと言われます。

焼酎にもいろいろな種類がありますが、初心者におすすめなのは、いも焼酎。
香りがよく、どんなつまみにも合う定番の焼酎です。

少し慣れてきたら、沖縄の泡盛などもいいでしょう。
多少値がはりますが、泡盛の古酒は本当においしいです。

「お酒を飲むと太る」というイメージ。
実は、その一番の要因は、お酒ではなく脂っこいつまみにあります。

なので、つい高カロリーなつまみが欲しくなるワインやビールよりも、焼酎は太りにくいお酒と言えるんです。

飲み方の工夫で太らない「ウイスキー」

ウイスキー

自宅でお酒を飲む時に、太らないために工夫すること。
それは、飲むお酒の種類をウイスキーか焼酎のみにすることです。
また、割らないでロックで飲むことをおすすめします。

特に水分の摂りすぎを気にされる方は、ウイスキーのみにするのがいいでしょう。
ウイスキーはアルコール度が高く、ロックの2~3杯でも酔いが回るため、量が少なくて済むからです。

ただし、ウイスキーはあまり大量に飲むと、胃を痛めてしまいます。
安い銘柄ほどアルコール度が低くて風味がないため、たくさんの量を飲んでしまいがち。
ウイスキーを飲むときは、少し高くても風味にこだわった銘柄を選び、香りを楽しむような飲み方をするのがおすすめです。

また、出先でお酒を飲む時は、ウイスキーベースのものにすれば太りにくくなります。
ビールやサワー、ジュースで割ってあるお酒は、極力飲まないようにしましょう。

特に、ジュースで割ってあるものは厳禁。
ジュースに含まれる糖分で、太ってしまうことがあるからです。

炭酸を飲みたい時も、ビールよりハイボールを選びましょう。
このとき、ハイボールでも糖分を含まないものにすることが大切です。

とはいえ、出先では人の目もあるので、最初のビール1杯くらいはお付き合いで飲んでもいいでしょう。
「太るから」と言って、飲みの席までダイエットに徹するようでは、その場が白けてしまうかもしれません。

1杯だけビールに付き合って、2杯目からハイボール。
追加でビールを勧められたら「ハイボールの方が体に良いって聞いてね」とサラリとかわせばOK。

周りの雰囲気を壊さずに、スマートに自分の健康状態を保つのが、大人のダイエットと言えます。

お酒と一緒に食べる料理を見直す

お酒とダイエット

お酒を飲むと、なぜ太るのでしょうか?

実は、お酒のカロリーはアルコールからきているもの。
アルコール1g当たりで、約7kcalものカロリーがあるんです。

このカロリーは「エンプティカロリー」と言われ、体に蓄積はしないものの、優先的に熱として消費される性質があると考えられています。

例えば、お酒から十分なカロリーを摂取すると、体内ではそのカロリーから優先的に消費されていきます。
その状況で料理を食べると、摂取した栄養が、普段の食事以上に一気に体に蓄えられてしまいます。

太りにくいお酒を選ぶことは、もちろん大切。
でも、実はお酒以上に、一緒に食べる料理に太る原因があるんです。

お酒を飲む時には、一緒に食べる料理やつまみを工夫するのも、ダイエットには効果的。


  • 料理をお肉やお魚中心に変える
  • 少量でも満足できるおつまみに変える



たったこれだけで、太りにくい料理になります。

太りにくいお酒と、料理。
両方を組み合わせて、楽しくダイエットにつなげたいものですね。

「太らない食べ物」をチェックしたい方はトップページに進んでみて下さい。
つい食べ過ぎても後悔しない対策や、効率良く痩せる方法も提案しています。
「太らない食べ物」を中心にぜひチェックしてみて下さい。
太らない食べ物 食べ過ぎても後悔せず楽に痩せる方法トップページ