血糖値上昇は危険!ダイエット成功の為に抑える方法とは?

血糖値の高いケーキ

血糖値とダイエットの関係は切っても切れないもの。
血糖値は、高すぎても低すぎても身体に影響を及ぼしてしまいます。

血糖値が低すぎると、身体がふらつくなどの症状が現れます。
これは糖質を摂ることで解消されますね。

逆に血糖値が高い場合は、さらに危険。
血糖値が低い時とはまた違う、さまざまなリスクがあるのです。

では、血糖値の上昇がもたらす危険性とは、具体的にどのようなものなのでしょうか?
そして、血糖値を抑えるにはどうしたらいいのでしょうか?
この記事でご紹介していきます。

血糖値上昇の危険性とは?

血糖値の上がる食事

血糖値が上がりやすい食事を摂ったり、いつも何かしら食べている人は、常にインシュリンが分泌されている状態です。

インシュリンとは?

インシュリンとは、血糖値を下げるために働くホルモンです。
そして、常に高血糖の状態だと、このインシュリンの機能が低下してしまいます。

インシュリンの機能が低下すると、身体の細胞へと糖が運ばれなくなります。
そのため、血中の糖の濃度が高くなってしまうのです。

摂取した糖は、細胞に運ばれないとエネルギー化されません。
血中に残ることで、糖尿病になる確率が上がってしまい、危険なのです。

血糖値を抑える方法とは?

血糖値をさげる食事

血糖値を抑えるためには、毎日の食事に気を遣うことが大切です。

まずは、糖質の高い食事は控えること。
適度に糖を摂取するのは重要なことですが、パンやイモ類などの炭水化物ばかりを摂っていると、血糖値が上がってしまいます。

また、甘いジュースやお菓子なども、血糖値を上げる原因となるので注意が必要。
血糖値の上昇を緩やかに抑えるような食事を心がけましょう。

例えば、血糖値の上昇を抑えるためには白米より玄米にすること。
また、イモ類を食べる時は、じゃがいもよりもサツマイモ方が、血糖値の上がり方は緩やかです。

血糖値が上がりにくい食べ物を知って、積極的に食べるといいでしょう。

血糖値の抑制はダイエット成功への近道!健康な体を手に入れよう!

血糖値を下げてダイエット

血糖値を抑えることは、ダイエットにもとても効果的。
インシュリンは「肥満ホルモン」と呼ばれることもあり、大量に分泌されると身体が肥満になりやすくなるからです。

インシュリンの分泌を抑え、血糖値を抑えるためには、糖質制限ダイエットがオススメ。
また、食事の順番に気を付けることも大事になってきます。

まず糖質制限ダイエットとは、できるだけ血糖値の上昇が緩やかな食べ物を食事の中心にするダイエット方法。

また、食事の順番に気を付けることで、この効果はさらに上がります。
食べる順番は、


  1. 野菜類・海藻類・きのこ類
  2. ごはん



がオススメです。

最初に食物繊維を多く含む野菜類・海藻類・きのこ類を食べると、腸内で糖類の吸収が抑えられます。
そのため、この順番で食事をすると、血糖値が上がりにくくなるのです。

血糖値を抑えることは、自然とダイエットにもつながるはず。
日頃から実践してみるといいでしょう。

血糖値とダイエットの関係まとめ

和食

血糖値のことを考えると、オススメな料理方法は断然「和食」。
調理方法にしても、食材の種類にしても、和食は洋食や中華料理よりヘルシーな傾向があるからです。

ダイエット中は特に、低カロリーかつ栄養価の高い食材を選んで、消費の激しいビタミンやミネラルなどの栄養を補うことが大切。
その点でも、和食は条件を満たしたメニューが多いと言えますね。

また、和食は洋食や中華のようにに味付けが濃くないので、血糖値を押さえるためにも効果的。
さまざまな角度から見ても、「和食」がベストなんですね。


トップページには、ダイエットに効果的な「太らない食べ物」を紹介しています。
つい食べ過ぎてしまった時の対策や、おすすめの痩せる方法も掲載しています。
「太らない食べ物」を中心にぜひ確認してみて下さい。
太らない食べ物で楽に痩せる方法トップページへ