きのこダイエットの効果と方法は?

きのこダイエット
(100gあたりの数値)※しいたけ

エネルギー炭水化物糖質
19kcal5.7g1.5g



(100gあたりの数値)※舞茸(まいたけ)
エネルギー炭水化物糖質
15kcal4.4g0.9g

※成分数値の出典:文部科学省「日本食品標準成分表2015年版(七訂)」



カロリーが低くヘルシーで、ダイエットにもよく使われる「きのこ」

味付け次第で、和・洋・中さまざまなジャンルの料理に使えるうえ、種類も豊富です。
飽きずに食べ続けられるという意味でも、きのこはダイエット向きの食材だと言えますね。

この記事では、「きのこダイエット」の効果や方法についてご紹介します。

きのこダイエットはなぜ効果があるの?

きのこダイエットのメリット

きのこがダイエットに良い理由には、


  • 低カロリー
  • 便秘解消の効果がある
  • 血糖値を抑える
  • 肥満も予防できる
  • かさ増し食材として適している



などが挙げられます。

例えば、きのこ100gあたりのカロリーを見てみると、


  • しめじは14kcal
  • 椎茸は19kcal
  • エリンギは24kcal



と、ほとんどが20kcal前後。
かなり低カロリーなのがわかります。

お腹一杯食べてもカロリーを気にしなくていいのは、ダイエット中にとても嬉しい特徴ですよね。

食物繊維が豊富

便秘解消効果

もちろん低カロリーだけではありません。

きのこには「食物繊維」が豊富に含まれています。

中でも、食物繊維の内、特に不溶性食物繊維の含有量に優れています。

食物繊維が多い利点はやはり、
「腸内の老廃物排出や便秘解消の効果」です。

便秘の方の腸内には宿便が1~1.5キロも溜まっている事実をご存知ですか?



太らない食べ物のダイエット対策に並行して積極的に便秘の改善も行えば、効率良く体重を落とす具体策がとれます。

便秘はダイエットの天敵です。
積極的に摂取して、早期の解消効果を期待したところです。

また、
慢性的な便秘は腸内の栄養吸収力が弱まっているので、ダイエットより便秘改善を先にした方がいいかもしれません。

[おすすめ関連記事]
食物繊維のダイエット効果とは?

[おすすめ関連記事]
便秘とダイエットの関係はこちら

インスリンの分泌を抑える効果

インスリンを抑制

きのこは血糖値の上昇を緩やかにし、「インスリン」というホルモンの分泌を抑える作用も期待できます。

インスリンは大量に分泌されると、血液中の糖質を中性脂肪として溜め込む性質があるダイエットの大敵
このインスリンを抑制することが、肥満の予防に役立つんです。

キノコキトサンが油分を包み込む

きのこに含まれる成分

さらに、きのこに含まれる「キノコキトサン」という成分には、油分を包み込んで体外に排出するはたらきもあります。

ちなみに、キノコキトサンは冷凍することで増えることがわかっています。

少し前に流行った「えのき氷」なども、この効果を狙ったもの。
きのこを購入したら、下処理をした後に冷凍保存しておくのもおすすめです。

多種類のミネラルを含有

豊富なミネラル

「きのこ」にはミネラルも豊富。

ミネラルには、


  • カリウム
  • カルシウム
  • マグネシウム



などがあげられます。

カリウムは、血圧上昇の抑制や夏バテの予防に効果的。

カルシウムは、骨や歯の健康維持に役立ちます。
またカルシウム不足すると、イライラしやすいです。

ダイエット中には積極的にミネラルの摂取をおすすめします。

きのこダイエットでおすすめの方法は?

きのこ鍋

きのこダイエットをより効果的に進めるためには、夕食にきのこ200gを使ったレシピを取り入れるのがおすすめです。

ほとんどの人は、夜は日中に比べて活動量が少なくなりますよね。
あなたもそうではないですか?

つまり、活動量が少ない夕食時に摂取した脂分などのエネルギーは、うまく消費されずに体内にため込まれ、太る原因をつくってしまうんです。

これを防止するために、夕食にきのこを取り入れて、カロリーをオフ。
さらに、消化の候率が上がるため、消費されにくい脂肪を排出しやすくする効果も期待できるでしょう。

ストイックにダイエットしたいあなた。
夕食の消化効率を上げる対策として、まずはきのこを取り入れてみるのはいかがでしょうか。

ただし、短期間で痩せたいからといって、3食全てをきのこにする極端なダイエットはNG
極端な食事制限は、筋肉量の減少と基礎代謝の低下を招き、逆にダイエットによくないからです。

いくらダイエット中だからといって、栄養バランスをおろそかにしてはいけません。
肉や魚などのたんぱく質や適量の炭水化物、野菜。
必要な栄養素は適度に摂るように心がけましょう。

私がおすすめする「きのこ」の料理方法は「お鍋」です。
きのこ鍋なら沢山のキノコを飽きずに食べる方法が実践できます。

きのこダイエットのレシピや作り方

レシピ①
「きのこたっぷり!カリフラワーのヘルシーライス」

[材料]
  • きのこ類として、椎茸や舞茸、しめじ、エリンギ各少々
  • カリフラワー3分の1
  • 無塩バター大さじ2杯
  • 塩、コショウ、旨味調味料各少々
  • オリーブオイル大さじ2杯
[レシピ作り方手順]
  1. 椎茸以外のきのこ類は、全て細く切り椎茸は茎部分だけ切り落とします。
  2. カリフラワーをみじん切りにして、ボールに入れたら椎茸以外の刻んだきのこ類を入れ、塩とコショウ、旨味調味料を入れて混ぜます。
  3. フライパンにオリーブオイル大さじ2杯を敷いて、カリフラワーやきのこ類を入れ強火で炒めます。
  4. 全体的に火が通ったら、中火にしてフライパンに蓋をして3分程蒸し焼きにします。これで、ベースのカリフラワーライスは完成です。
  5. 椎茸を水が沸騰した鍋に入れ、火が入るまで煮込みます。目安は、中火で5分位で火が入るので、火が通ったらざるにあけ水を切ります。
  6. 先ほどのカリフラワーやきのこ類を皿に盛り付けて、椎茸を乗せたら完成です。



白米を食べる代わりに、カリフラワーライスを食べるので、炭水化物の摂取を控えられてダイエットに最適です。

レシピ②
「きのこの醤油和え」

[材料]
  • 椎茸 3枚
  • しめじ 30g
  • まいたけ 30g
  • 人参 1/4本
  • 醤油 大さじ1
  • みりん 小さじ1
  • 酒 小さじ1
  • 七味唐辛子 お好みの量
[レシピ作り方手順]
  1. 椎茸は石づきを切り落とし、薄切りにして下さい。
  2. まいたけはひと口で食べやすい大きさに分けて下さい。
  3. しめじも石づきを切り落とし、食べやすい大きさに分けて下さい。
  4. 1,2,3を熱湯で茹でて下さい。茹で上がったきのこ類はザルにとり、しっかり水気をきって下さい。
  5. 人参は皮をむいて千切りにして下さい。
  6. ボウルに醤油、みりん、酒を入れてよく混ぜ合わせます。そこにきのこ類と人参を加えて全体が馴染むようによく和えて下さい。
  7. 全体がよく馴染んだら、器に盛り付けます。お好みで七味唐辛子をふりかけて召し上がって下さい。

レシピ③
「冷蔵保存で1週間!塩きのこ」

[材料]
  • エリンギ 1本
  • 舞茸 1/2パック
  • えのき 1/2束
  • 塩 小さじ1/2
[レシピ作り方手順]
  1. エリンギは、短冊切りにします。
  2. 舞茸は、ほぐしておきます。
  3. えのきは軸を切り落として、ほぐしておきます。
  4. エリンギ、舞茸、えのきを熱湯でさっと茹でます。
  5. 水気を切り、熱いうちに塩を振ります。
  6. 冷蔵庫で冷やしたら、完成です。

きのこダイエットの口コミを紹介!

口コミ①
「きのこダイエットスープで過ごす」

川田 貴子さん[47歳/女性]

きのこはカロリーが低く、食物繊維が豊富なので、ダイエットには向いている食材です。
しかし、油を吸いやすいため、炒め物などで食べるのは、きのこダイエットとしてはNG!ダイエットの敵、「空腹感」との戦いや「食べごたえ感」を満たすには、きのこダイエットは、油さえ気をつければうまくいきます。
油で炒めるを避けるため、私は、スープにしています。
ある一定の期間で痩せたいときには、このスープのみで過ごすことも。3日間だけ、きのこダイエットスープで過ごすと、3キロは体重が落とせます。
スープといっても、コンソメスープの素に、あとは、好きなきのこを入れるだけ。
1週間分ほど大量に作り、いただいています。食べ方のポイントとしては、


  • 食前に飲む
  • よく噛んで食べる(飲む)
  • できるだけアツアツに



熱々のものだと、一気に飲むことができずに、自ずとゆっくり、よくかんでとなります。

口コミ②
「色んな料理にきのこを入れてボリュームアップ!」

三田 さやかさん[36歳/女性]

以前きのこダイエットを2ヶ月以上続けた事があります。
その時は2ヶ月で3キロ程痩せました。方法としてはとにかく色んな料理にきのこを入れてボリュームを増やしました。
きのこは栄養は豊富だけれど、カロリーはないのでどんなに食べても太らないと思い毎日みそ汁や炒め物、煮物等どんな料理にもきのこを使っていました。

きのこを使うだけなので、味付けや料理方法は自由で飽きる事はなかったですし、遠慮せずにお腹いっぱい食べられたので無理なく続ける事ができました。

食事量を制限するダイエットは苦痛になりますが、きのこでお腹をいっぱいにするというダイエットなら健康にも良いと思いますし、ストレスがたまらないので本当にお薦めです。

口コミ③
「一番感じたのはお通じが良くなった事」

藤田 美恵さん[27歳/女性]

きのこだけ食べるという訳ではないのですが、多めに摂取するという意味できのこダイエットをした事があります。
きのこは食物繊維が多く、カロリーも低いので、ダイエットには非常に最適な食材だと思います。
きのこにはえのきやしめじ、まいたけ、エリンギなど種類も豊富なのでずっと食べても飽きないし、色んな食事に取り入れる事が出来るので、無理なく続ける事が出来ました。きのこダイエットを始めてから一番感じた事は、お通じが良くなった効果です。
便秘をしなくなってから体が軽くなった気がして体重を測ったところ、1ヶ月で約2キロ痩せていました。

体重を落とす際には運動も必要ですが、体の中から調子を整える、老廃物を溜め込まないという意味では非常におすすめのダイエット方法だと思いました。

口コミ④
「元々きのこがあまり好きではなく…」

田中 あかりさん[27歳/女性]

先日、きのこを食べるとダイエットできる噂を聞いて、私もきのこダイエットに挑戦してみることに。
しかし、結果としてはあまり効果を得られませんでした。元々きのこがあまり好きではなく、沢山の種類のきのこを食べられなかった事が原因だと思います。
また、きのこ料理のレパートリーも少なかったので、すぐに飽きてしまい、あまり長く続ける事ができませんでした。

きのこを食べれば良いという情報しか頭に入れずに挑戦したため、どれくらいの頻度でどれくらいの量を食べたら良いかなど、もう少し知識を頭に入れた上で挑戦できれば良かったと思っています。

口コミ⑤
「舞茸(マイタケ)を1日1回食べる方法」

松田 なお子さん[29歳/女性]

私が試したことのあるダイエットですが、舞茸(マイタケ)を1日1回食べる方法です。
いわゆるきのこダイエットです。舞茸を調理しておひたしにしたり、炒めたり、スープにして食べます。
ポイントは加熱しすぎないことです。

天ぷらにするよりも、さっと炒めるくらいがいいです。
そして、食べるときの注意点なのですが、調理した時に出る舞茸の黒っぽい色をした汁をきちんと食べることが重要みたいです。

その汁が便秘に効くようで、始めてから便秘が解消されて体重もその分落ちました。
継続することで腸がきれいになるので、美容や健康にもいいですし、代謝アップにもつながって痩せやすい体質に近づけると思います。

口コミ⑥
「便秘解消を実感できた」

きのこダイエットの口コミ女性1
38歳 女性

低カロリーなきのこは、もともと大好きでした。
きのこを食べて痩せられる「きのこダイエット」は、種類のバリエーションも多く、沢山の量を食べてもカロリーが低いので安心です。また、私の場合、「きのこダイエット」を始めるまでは、便秘気味だったのですが、きのこをたくさん食べるようになって、便秘も解消されました。

自然とダイエットできた理由の一つには、この便秘解消があると思います。


  • 少量のバターで焼く
  • 塩コショウで味付けしてホイル焼き
  • きのこ鍋にしてポン酢で食べる



様々な食べ方ができて飽きませんでした。

口コミ⑦
「味付けを薄くして塩分も控えて」

きのこダイエットの口コミ女性2
26歳 女性

きのこダイエットは、普段の食事にプラスしてきのこを食べる簡単な痩せ方。
きのこが好きな私にとってはとても嬉しいです。今までもきのこを使った料理は大好きで食べていましたが、今まで以上に意識的に食べると便通も良くなりました。
そのおかげで体重も少しずつ減ってお腹周りも細くなりました。

私はきのこ料理を作る際には味付けを薄くして塩分も控えて、むくみも気をつけていました。

きのこの栄養成分は肌も綺麗にしてくれると言います。
きのこダイエットを始めてからは肌荒れも抑えられ、プラスなことが多く嬉しかったです。

今後も料理に積極的に取り入れていきたいです。


※プライバシー保護のため、体験者名は仮名です。

きのこダイエットは挫折しそう…どうしたらいい?



  • 「毎日時間がなくて続くかどうか…」
  • 「料理って正直苦手で…」
  • 「家族の協力が難しそう…」


きのこダイエットをなかなか実践できない方は、ダイエットサプリが手っ取り早いです。

「今日から頑張る!」と決断してダイエットを開始するところまでは問題なし。
ただ、1回・2回やらない日があると挫折しやすいです。

「明日にしよ…」

この1回が癖になり、そのままやめてしまうんですね…

例えば、きのこダイエットは週に数回とハードルを下げておいて、かわりにダイエットサプリを毎日飲むだけのやり方も手軽な1つの案。

忙しいあなたでも無理なく続けられると思います。
おすすめサプリを紹介しておきますね。


ランキング1位2186
価格初回無料
※2回目以降3,980円(30%OFF)
※毎月300名限定
送料630円
※2回目以降 無料
内容量90粒(約30日分)
評価商品の評判5




ランキング2位8421
価格初回990円(税抜)
※2回目以降3,600円(税別)[20%OFF]
※毎月500名限定
送料無料
内容量120粒(2週間~1ヶ月分)
※1日に飲む量によります
評価商品の評判4.5




ランキング3位漫画LP
価格初回990円(税抜)
※2回目以降3,300円(税別)[20%OFF]
送料無料
※メール便限定
内容量1袋62粒(1ヶ月分)
評価商品の評価4

きのこダイエットの効果や方法まとめ

きのこで美味しく綺麗にダイエット

きのこダイエットの効果、いかがでしたか?

毎日200gのきのこは、一見かなり多いようにも思えます。
そこで、調理方法を工夫したり、さまざまな種類のきのこを使うことで飽きにくくなり、気持ちにも負担がかからずに継続できるはず。

手軽に始められて、美味しく綺麗に痩せられるきのこダイエット。
ぜひ試してみて下さいね。

トップページには、ダイエットに効果的な「太らない食べ物」を紹介しています。
つい食べ過ぎてしまった時の対策や、おすすめの痩せる方法も掲載しています。
「太らない食べ物」を中心にぜひ確認してみて下さい。
太らない食べ物で楽に痩せる方法トップページへ