もち麦ダイエットは効果あるの?

もち麦ダイエット

エネルギー炭水化物糖質
340kcal77.8g68.2g

(100gあたりの数値)※成分表示は「押麦」のもの

日本の主食と言えば白米。昔のように麦ごはんを食べるということはほとんどなくなりましたね。
でも、最近「もち麦」を使ったもち麦ダイエットが効果あり!と話題になっているんです。
ここでは、いま注目のもち麦ダイエットとは何なのか、そしてその効果はどうなのか…という点にスポットを当ててみました。

もち麦ダイエットの具体的な効果とは?

もち麦で無理なく痩せる

もち麦というのはあまり馴染みがない食材ですが、大麦の一種です。
特徴としては、粘性があって普通の麦よりも食間がモチモチとしていることが挙げられます。
また、「βグルカン」と言う水溶性食物繊維を含んでおり、整腸作用や血中コレステロール値を下げる機能などが注目されています。
ダイエット効果としては、前述の通り食物繊維が豊富に含まれていることで腸内環境を改善し、便秘を解消しつつ痩せやすい体質に導くとされる、いうことが挙げられます。
さらに、噛みごたえがあって満腹感を感じやすいために食べ過ぎや間食を防げるというのも人気のポイント。
また、もち麦に含まれるβグルカンには、食事の際の血糖値の上昇を緩やかにしてくれることで、体に脂肪が溜まりにくくなる作用も期待できるんですよ。
さらに、口コミでは「無理な食事制限が必要ないから楽」「運動しなくて良いから続けやすい」というものが多くあります。
自然に食べる量を減らすことができるから、無理なく確実に痩せることが見込め、かつストレスもたまらないからリバウンドしにくい!というのがメリットのようですね。

もち麦ダイエットのやり方は?

ご飯をもち麦に置き換え

やり方は簡単。3食のうち1食(朝がおすすめ)のご飯をもち麦に変えるだけです。
ちなみに、効果が出るまでには最低2週間はかかると言われていますので、数日で効果が出ないからやめる!ということはしないように気を付けて下さいね。
腸内環境を改善するには1日2日では無理なのです。地道に、でも確実に継続していきましょう。
もしくは、どうしても食べづらい…という場合は、3食の主食を「白米3:もち麦1」にしても良いでしょう。
ただ、もちろんもち麦の分量が多い方が効果は出やすくなりますので、慣れてきたら少しずつ分量を増やしていくことをおすすめします。

注意点はある?

よく噛んで食事

基本的には他の食事には細かい制限はありません。
ただ、もち麦のメリットとして「噛みごたえがあるために食事がゆっくりになり、その結果満腹感を早めに感じやすくなり、その結果食べる量を減らせる」ということがあります。
ですから、食べる量やスピードが全く変わらないのでは効果が得られにくくなります。
もち麦ダイエットをする際には、意識してよく噛む・ゆっくり食べる、ということを意識するとより効果が出やすくなるでしょう。

もち麦ダイエットの効果まとめ

もち麦でストレスなくダイエット

ここでは、もち麦ダイエットとは何なのか、そしてその効果はどうなのか…という点をまとめました。
満腹感があるのでストレスなく痩せることが見込めるもち麦ダイエット、まさに今後注目度を増しそうなダイエットだと言えますね!

ダイエットしたい方にぜひ挑戦してほしい「太らない食べ物」はトップページに紹介しています。
つい食べ過ぎて後悔した時の対策や、楽に痩せるためのダイエットサプリも掲載。
「太らない食べ物」を中心とした沢山の情報をぜひ確認してみて下さい!
太らない食べ物で食べ過ぎても楽に痩せる方法トップページ